地球と遊ぶプロジェクトPRESENTS 木村祟人オフィシャルサイト

プロフィール

木村 崇人

Takahito Kimura

略歴

1971年3月5日生まれ 愛知県出身

1996年 東京芸術大学美術学部絵画科油画卒業
1996~98年 フランス政府給費留学
1998年 Ecole Superieure d’Art et de Design de Reims(フランス)卒業 Diplome取得
2000年 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程前期過程壁画修了(修士学位取得)

2003年 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程後期過程壁画修了(博士学位取得)

2003~06年 東京芸術大学 非常勤講師
2004~07年 文化女子大学 非常勤講師
2007~09年 多摩美術大学 非常勤講師
2009~10年 香川県理科支援員配置事業 登録特別講師

2004年~ 地球と遊ぶプロジェクト 代表

 

賞歴

1996年 東京芸術大学美術学部卒業作品 O氏賞受賞

 

>詳しい展覧会履歴

 地球遊人

『地球と遊ぶ』

アトリエ兼自宅

100年以上前に立てられた藁葺屋根の古民家を再生。アトリエ兼自宅に改装。
春は山菜を食べ、夏は虫と共存し、秋は収穫を祝い、冬は薪割りをする・・・
自然の流れを全身で感じ、自然と向き合うと今までみえてなかった人と自然との関係が見えてくるのかもしれません。

情報社会で様々な情報を得られるようになった私たちは、与えられた情報をもとに知ったつもりになっていることが多いのではないか…。

ある時、情報をもとに頭で考えている地球と、本来の今ある地球とのズレを感じた木村さんは、このズレを埋める手段として、様々な地球の持つ見えない力を知覚する装置を作ってきました。

装置を作る制作過程はまるで科学者のよう。
完成までに、何度も実験、観察、発見が繰り返されています。

そして、この装置を利用した作品に触れることで、皆さんにも自分が感じた自然の力を同じように体験してもらいたいと考えているのです。
木村さんは、日常生活の中で見過ごしてしまっている地球の力を、もっと色々な切り口から体感したいと考え、2006年に東京から南アルプスの麓にある早川町に活動拠点を移しました。

築150年ほどの藁葺屋根の古民家を改築しながら暮らす木村さん。

フキノトウの芽吹きに春を感じ、薄若緑色にモリモリとし始める山の木々に生命力をもらい、伸びる雑草とにらめっこしながら盛夏を戦い、山葡萄の実が膨らむのを楽しみにしながら秋を迎え、色づく山々に晩秋を感じながら寒い冬の支度に追われ、空を埋め尽くすような星空をみながら春を待つ大寒を過ごす・・・。

都会では感じられなかった、美しくも厳しい自然の力を毎日感じて、今日も地球と遊ぶことができる作品が制作されています。

作品コンセプト

作品集

様々なスタイルや素材で作品を発表する木村崇人さんの世界ですが、どの作品も常に『地球と遊ぶ』というコンセプトのもと制作されています。

しかし、なぜ地球だったのか、なぜ遊ばなくてはいけないのか…

『地球と遊ぶ』というコンセプトには、一体どんなメッセージがこめられているのでしょううか。

ここでは、木村さんの学生時代から現在に至るまでのコンセプトの移り変わりについてご説明します。

現在の作品については、作品スタイルが多岐に分かれるため、それぞれの作品ジャンルについては「作品集」でご紹介いたします。

ページトップへボタン