地球と遊ぶプロジェクトPRESENTS 木村祟人オフィシャルサイト

2021年10月2日~11月21日 北アルプス国際芸術祭 2020-2021へ出展しています。

2021.10.02

長野県大町市で開催される「北アルプス国際芸術祭 2020-2021」にて、作品【水をあそぶ「 光の劇場」】を出展しています。 コロナ禍で延期になっていましたが、1年4か月越しに開催が実現しました。

仁科三湖エリア – 作品|北アルプス国際芸術祭 (shinano-omachi.jp)

木崎湖畔の空き家が作品となっています。 本作品は大町市の協力のもと、中長期で関わるプロジェクトとして始まりました。 1階は「木崎湖を遊ぶ 未来工房」として開かれたものづくり工房となっています。地域内外の方々と様々なアイデアを実現していく場です。2階の「光の劇場」では、普段気づかない水と光の表情を感じることができます。

水をあそぶ「光の劇場」
「木崎湖を遊ぶ 未来工房」


10月2日に行われた開会式には名誉実行委員長の長野県知事、実行委員長の大町市長、総合プロデューサーの北川フラム氏、ビジュアル・ディレクターの皆川明氏、アーティストが参加しました。快晴の中、開会が宣言されました。

ページトップへボタン